Deprecated: mysql_connect(): The mysql extension is deprecated and will be removed in the future: use mysqli or PDO instead in /home/dreamlov/public_html/japanese/_db.php on line 59
DreamLover Laboratories - DreamLover 2000 安全性
 

安全性



下記に示された安全対策にも関わらず、この製品の安全性は、安全ビデオで解説されているものだけでなく、ユーザーガイドとともに電気機器や電動ツールの操作に必要な常識を含む全ての安全指針にユーザーが従うことに完全に左右されます。さらに、装置の安全性は製造時の不具合や、例えば水にさらすことや機械的応力など回路に変更を加える要素がないかどうかにもかかっています。 装置を初めて使用する際や、電池の交換やその他の理由で受信機を開閉する際は必ずユーザーガイドで説明されている「パルステスト」の手順を必ず行ってください。この手順では、予測しない事態に電極をすぐに取り外せるように貞操帯を固定していない状態で、ただ低度パルスをテストするだけです。

電気的安全性

パルス強度の実測度は、体内に通された電流量(アンペア)にあり、電圧にあるわけではありません。オームの法則: I = V / Rによると電流は電圧と抵抗に依存します。DreamLover 2000の工場出荷時の設定は、様々なパルスを伝達するために電気的に調整され、最大30Vまでとなっています。

交流電流は直流電流よりも4、5倍強いといわれています。というのもの、一つには交流電流はより激しい筋収縮を引き起こすからです。また、発汗を促すので、肌の抵抗を下げます。それに交流電流は心房細動と密接に関連していますが、一方で直流電流はそうではありません。DreamLover 2000は直流電流を使用しています。

ほとんどのパルスは、ほんの一瞬だけ続く単なるON/OFFパルスです。男性の陰茎亀頭と陰嚢の間に平均500オームの抵抗を置いて、ペニスの周囲を通る総電流は約mA (ミリアンペア)です。実証的研究は電流により誘発された「ガクッ」という衝撃が45mA以下ではすぐに消え、うっとおしい電気の「チクチク」感に変わることを示しています。30mA以下ではパルスをほとんど感じることがありません。

電気用語でいうと50mAは大きく感じるかもしれませんが、パルスはほんの一瞬続くだけで、実際のエネルギーは非常に低いミリジュールの範囲で伝達される ということを思い出してください。直列抵抗は弊社の安全な回路の一部にあります。;これは万が一に備えて、電極を通って流れる電流を制限しています。さらに、パルスには余分な「ON」ボタンがあります。突発的にボタンを押してしまったとしても、パルスを流してしまうことはありません。まるでパルスが物足りないかのように、回路は許容量が限られているコンデンサに流れ込みます。:それゆえ、一定の時間に必要なパルス電圧で少量の充電量だけが備蓄されます。

要約:

  • DreamLover 2000は、交流電流よりも問題が少ない直流電流を主に使用します。
  • 強力でありながら、電流パルスは非常に短くなっています。;これにより体内に大量のエネルギーを流すことなく、非常にびっくりする「ガクッ」という効果を得ることができます。
  • 試験の結果、湿った/少し濡れた肌でもDreamLover 2000のパルス強度は、肌に実際にダメージを与える程強くはないことが判明しています。
二重安全装備した回路設計について詳しく読む

化学的安全性

  • 弊社の全製品はRoHsに適合した部品を使用しています。;RoHsとは、電子機器に鉛のような特定有害物質を使用することを禁じた欧州基準で、現在のアメリカにおける規制よりもかなりの危険保護になっています。
  • 電極は、一般的に調理器具で使用されているステンレススチールでできています。
  • リモコンにはUL安全認証を受けたリチウムポリマー電池を含んでおり、これはCEマークの基準を満たす安全性が検証されたものとなっています。何も保護回路のない状態で電池の端子をショートさせてしまうような最悪の事態でも、電池パックが膨れるだけで、燃焼することはありません。

実験室試験

自社検査と安全対策に加えて、DreamLover 2000はCEマークの適合検査に合格しています。これは8キロボルトの静電気放電にさらすこと、あらゆるスペクトルで無線妨害を行うこと、ショートさせた回路基板にキーポイントとなる場所があることなどを含みます。(研究開発ミュジアムでその写真を見ることができます)。

使用上の安全

人体組織を流れる電流には相当なリスクをともないます。このためユーザーはどんな電気刺激装置を使用しようとする場合でもこのことに気付いておかなければなりません。ユーザーガイドには「やってはいけないこと」- 自動車を運転中にDreamLover 2000を着用すること、着用者の様子が聞こえない状態や見えない状態でワイヤレスリンクを起動することなど-の非常に長いリストが含まれています。ユーザーガイドの安全の節をご覧ください。安全注意事項に従わない場合、設計についての注意事項は意味がありません。DreamLover 2000のCD-ROMに入っている安全対策ビデオがこのページの右側に表示されています。しかしながら、これには必要な安全対策は全て含まれておらず、簡単な概要となっています。ですので、装置を起動しようとする際は常にユーザーガイドをご参照ください。

二重安全装備した回路設計

人体に長期にわたり着用するために設計された装置には、確固たる安全構造が不可欠です。

電流制限抵抗器

DreamLover 2000には2個の余分な電流制限抵抗器が搭載されていて、電極との間で人体の抵抗があまりに低い場合、部分保護を与えてくれます。これらは安全指針が守られなかった場合や、電極が伝導率が低い組織に付けられた場合の緩衝器となるように意図されています。抵抗器のような受動部品の故障率は非常に低いものとなっています。

トランジスタと「オープンゲート」防止

回路には電池の主な電圧から与えられる電圧をパルスレベルに変換するために電荷ポンプが使用されています。パルスを伝達するためには、単一障害点が持続的刺激を引き起こさないようにある一連の事象が起こる必要があります。

まず、現在の変換回路をオンにするためにトランジスタを有効にしなければなりません。コンデンサに高電圧電荷が蓄積されます。コンデンサの電圧を測定するためにアナログ・デジタル変換が行われます。コンデンサが満杯になると、電荷ポンプがまず停止し、それからパルスを伝達するためにもう一方のトランジスタが開きます。

コンデンサは容量が限られているので、電気刺激を実行中でコンデンサがいっぱいになっているときに2番目のトランジスタが故障すると、桁違いの差ではないにしても、高度パルス以上の数倍のパルス刺激を放ちながら、すぐに電荷を消耗してしまいます。

コンデンサは起動後10秒以内に自己放電するような方法で接続されているので、コンデンサを充電している小さいタイムウィンドウ以外で、2番目のトランジスタがどんなときに故障しても、男性は電極を通って流れる低バッテリー電圧が引き起こした、持続する非常に弱いチクチクする感覚を感じ、何かが起こったことに事前に気付くでしょう。

一方で、電荷変換は電流を非常に集中させるため、1番目のトランジスタが故障すると、3.5時間以内に電池がなくなります。

装置が継続的なショックを与えられるようにするには、両方のトランジスタがこの時間内に故障し、その他の回路全てが完全に機能していなければなりません。このようなことが起こる可能性は途方もなく小さなものとなっています。

そうだとしても、生成される最大電圧は、使用されている電流変換チップの実際の限度である30Vを決して超えてはなりません。トランジスタの故障は非常にまれなことで、ほとんどの場合温度に関係があります。DreamLover 2000受信機は体に装着式なので高温に耐性がありません。 40度以下では通常故障率10%になるまでに1.79万時間(207年)かかります。故障があった場合でも、トランジスタが、安全上悪い影響を与えることなくパルスを停止し、「オープン故障」するときがあります。 これらの理論値は非常に小さい値ですが、機械的ストレスや電気的ストレスは電子部品にダメージを与え得るものです。 受信機の閉じ方が適切でない場合、電子部品に強い力がかかったり、カバーの中に水が入ってしまう場合があり、その他の形で回路にダメージを与えると装置が機能しない場合があります。このような理由で、初めて使うときと受信機を開閉した後は必ず「パルステスト」をすることが必須の安全対策となっています。 この安全対策は、(不測の事態が起こった場合、すぐに電極を取り外せるように)ケージを固定せずに低度のパルスを伝達することにあります。このテストを実行し、受信機が安定し、カバーで保護されていると機能性に悪影響を与えるようなことはほとんど起こりません。

電波障害保護

DreamLover 2000と通信するために搭載されている無線送受信回路は巡回冗長検査(CRC)と疑似ランダムノイズとともにデジタルスペクトル拡散信号を使用しています。CRC値とPN符号の両方がDreamLover 2000装置固有のものです。周囲のランダムノイズを有効なデータパケットとして判断する可能性をほぼ無効にします。パケットはPNフィルターを通過することができた場合でも、CRCチェックで制限されます。(受信機のLEDが赤色にごく短く点滅します。) 何年にもわたる試験で、周辺雑音から有効なPN符号やCRCが検出されるようなことは一度もありませんでしたが、そうなった場合、パケットはDreamLover 2000のプロトコルに対してスクリーニングします。このプロトコルは16バイト中、値は40しか使用していません。(この最終段階が起こる可能性だけでも256^16中40です。これは0が38桁つくような値となります。)

各受信機はユーザーにより、所持している装置を聞くように設定されているので、他のユーザーによる妨害の可能性はないようなものです。 そればかりか、弊社のソフトウェアは98チャンネルの内1チャンネルに移動できるようにしてくれます。

 
DreamLover 2000

Overview
Infomercial
Features
Pro vs Lite
Part list
Technology
Reviews

Pulse

Pulse design
Pulse strength
Effectiveness
Customization
Electrodes

Safety

Electrical
Chemical
Usage safety
Lab testing
Fail-safe design

Compatibility

Compatibility
Notes and Mounting

PC interface

DL2K-LINK
Screenshots
Demo

Others

R&D Museum
Courses

Support

Downloads
Contact
Ordering

Pricing and order terms
Product contents
Plans/Upgrades
Pricing
Price comparisons
Warranty
Returns
Privacy
Shipping
Security
Place an order
 

Contact us | General terms | Refund/return policy | Warranty | Privacy | Security | Shipping | Fraud policy | Fraudulent disputes and chargeback policy


(C) 2008-2013 DreamLover Laboratories - all rights reserved